ラウンジで働いている人にインタビュー①

様々なナイトワークを経てラウンジ勤務に、Fさんの場合

ラウンジで働いているFさん(仮名)はいろんなナイトワークの経験がある女性です。
幅広くナイトワークをご経験された方なので、お話もとっても面白いものになりました。
キャリアプランを考えている方はぜひご参考ください。
ラウンジ勤務のFさん


会社の上司にキャバ勤務がばれ…


—-ラウンジだけではなく、いろんなナイトワークの経験があると聞いたんですが?

Fさん:今はラウンジですけど、以前はキャバクラにもいましたよ。

 

—-キャバクラとラウンジを比べるとどうでしょう?

Fさん:別にキャバクラが嫌だと感じたことはないんですが、ぶっちゃけた話をするとバレてしまったので辞めました(笑)
うっかり上司にバレてしまったんですよね。
それで今のラウンジにしました。

 

—-バレてしまった経緯は?

上司がキャバクラが好きだとは聞いていたんですけど、私のお店にやってきたんです。
直接はつかなかったんですけど、お店の中で見られて後日職場で「お前大丈夫なのか?」と。

 

—-良い上司じゃないですか

Fさん:本当にそうですよ。違う人に見つかっていたらもっと大変なことになっていたかもしれないですよね。それをネタに何かされたりってこともありませんし。
ただ、さすがに同じお店に居続けるのはどうかってことと、上司が来ないお店にってことでラウンジにしました。

 

—-キャバクラとラウンジの違いはどうでしょう?

Fさん:「全然違うな!」とは感じないですけど、ラウンジに来るお客さんの方が落ち着いた方が多い印象ですね。
私自身、そこまでテンションが高いタイプではないのでラウンジの方が合っているかなと思うんです。

 


実際働いてみると「ま、こんなもんかな」みたいな(笑)


—-なるほど。ナイトワークに対して誤解している女性も多いと思うんですが

Fさん:う~ん、まぁ分からなくはないんですよね。
私も実際に働いてみるまではあんまり良いイメージを持っていなかったんですけど、働いてみると「こんなものかな」って。
良い意味でも悪い意味でもなく、実情を知ればそんなに驚くこともなければ、イメージのような悪い部分も見当たらないし。

—-ナイトワークに疎い人だと「水商売」と「風俗」を同系列に考えてる方も未だにいますしね

Fさん:それある(笑)! ホンットにある(笑)!
職業に貴賤はないとは思いますが、お酒を提供しつつお話をするお仕事と、チ〇コ咥えるお仕事がなんで同じなんだっていう…(笑)

—-(爆笑)

Fさん:昔キャバ時代、結婚考えてる彼氏がいた同僚の子がいたんですけど、その子の彼氏が典型的なそのタイプの人で。
彼氏に隠してキャバ嬢やってたみたいなんですけど、「なんかおかしいだろ」ってことで問い詰められてとうとう白状しちゃったんですね。

—-居酒屋で店員に「すみませーん」じゃなくて「おねがいしまーす」って言うとか(笑)?

Fさん:それは知りませんけど(笑)
で、実はキャバ嬢やってますって言ったら、まさかの即婚約解消!
「水商売の女と結婚なんかできない」って言われちゃったんですって。

—-それはダメージ大きいですね

Fさん:しばらく落ち込んでましたね。仕事も休んでましたし。
…まぁ、脱線しちゃったけど、実際のナイトワークは世間のイメージより全然健全ですけど、リスクもありますよってことですね。
やっぱり世の中の先入観ってありますから。でもその分、得られるリターンも果てしなくデカいのが魅力でもあります!

—-ではナイトワークの応募を迷っている女性に一言

Fさん:応募しちゃえば、あとは勝手に話が進んで、気付けば良い額のお給料をもらっているので頑張ってください(笑)
ナイトワークでガッツリ稼ごう

更新日:2018年08月24日

PAGE TOP