ナイトワークに携わる様々な人へのインタビュー

ナイトワークに興味はあるけれど、「怖そう」、「不安」といった方へ…

ナイトワークに興味があるけど、でも一歩踏み出すことができない。そんな女の子は大抵ナイトワークに対する誤解や、あるいは実はよく分かっていないケースが多いです。
特にナイトワークはドラマや映画で扱われることもあるため、誇張されたイメージになりがちです。
ドラマや映画では、平凡な日常生活ではなくナイトワークならではの、実際には起こらないことや既になくなっている風習を取り上げることも珍しくないのですが、
見た人にとってはナイトワークのイメージがそこで固まってしまうのも事実。
つまり、ナイトワークの「現実」を知れば、実はさほど難しい世界ではないと気付けるのです。

働いている人に聞いてみるのが一番です

ナイトワークの女性

現実のナイトワークがどのようなお仕事なのかは、実際にナイトワークで働いている人に聞くのが一番です。
友人や知人にナイトワークの経験者がいれば良いですが、なかなかいないからこそ、ナイトワークに対して誤解を持ってしまっている女の子が多いのも事実。
そこで、実際にナイトワークで働いている人の声を集めてみましたので参考にしてください。

リアルな声から見えてくること

実際に働いている人々の声を聞けば、ナイトワークがどのような場所なのか何となく見えてくるのではないでしょうか。
少なくとも、ドラマや映画で描かれている世界は過剰な演出がされている世界だと分かるはずです。
むしろ近年のナイトワークは働いてくれる女の子を確保するために環境や待遇に力を入れているお店がとても多いです。
お店の数が増えているので働く女の子の争奪戦が繰り広げられているのです。
時給などお給料面はもちろんですが、働きやすい環境をアピールしているお店も多々あります。
ドラマや映画のおかげでナイトワークに対して誤解や偏見を持ってしまっている方が多いのですが、実際に働いている人の声からは、全く違う「現実」が見えてくるはずです。

体験入店してみるのも良いでしょう

体験入店してみよう

ナイトワークで働いている人の声だけでもまだピンとこない場合、実際に体験入店で、上野キャバクラバイト・求人|[体入ルナイト]などの
求人サイトで仕事先を探し、現場で働いてみるのもオススメです。

体験入店は一日だけの気軽なものですが、実際に働けるので現実のナイトワークの現場を知ることができますし、働いている以上はお給料も出ますので、ナイトワークに関して分からないことがあるけど、でも興味がある。
そんな女の子はまずは体験入店してみると良いでしょう。

PAGE TOP