キャバクラで働いている人にインタビュー②

夜を上がった元キャバ嬢、Yさんの場合

現役ではないですが、以前キャバクラで働いていたYさん(仮名)の話を聞くこともできました。
元ナイトワーカーYさん
 


ちょっと眠かったくらいですよ(笑)


—-今日はよろしくお願いします。キャバクラ時代の辛かった思い出を聞きたいんですが?

Yさん:辛かった思い出…お仕事ではそんなにないかな。
私は昼間は普通に働いていて夜だけ働いていたんですね。だから次の日の朝、ちょっと眠いなって思うくらいでそこまで辛かったことはないんですよ。

 

—-キャバクラのお仕事が合っていたってことですか?

Yさん:合っていたって言うか、そんなに大変なお仕事じゃないってことだと思いますよ。
私自身、ナイトワーク未経験で飛び込んだんです。残業代がカットされ、定時で帰ることになったので夜も暇だしどうしようかなって。
それでキャバクラで働き始めたんですが、辛いなとか嫌だなって思ったことはほとんどないんですよね。

 

—-では逆に働いて良かったことは?

Yさん:たくさんありますよ(笑)
お金に余裕ができたので生活が変わりましたね。本業でもあんまり切羽詰まらないって言うか、気持ちの面で余裕があったので人間関係もどこかフラットって言うか。
お金のおかげで精神的な余裕が生まれたので職場に対してあんまり前のめりではなくなったんです。すると気楽だなって。

 

—-副業をする方に多い意見ですよね

Yさん:そうなんですよ。居場所がもう一つできるから、最悪「クビになっても良いかな」みたいな(笑)
本業が首になっても取りあえず働ける場所があるから、無理に我慢する必要もないかなって。でも、そうすると逆に開き直れるのか周囲との人間関係も良くなったりするんですよね。

 

—-それらもキャバクラ効果ということですね?

Yさん:そうでしょうね。あれでキャバクラのお仕事が辛かったらまた違った気持ちになっていたかもしれないんですけど、お仕事の負担があんまりないから余計に余裕が出ましたね(笑)

 

—-では他の人にもオススメしたいお仕事ですか?

Yさん:オススメって言うか、夜暇なら働いておいて損はしないんじゃないかなと(笑)

ナイトワークはやって損はない!

更新日:2018年08月27日

PAGE TOP